関西ゴルフ場予約サイト サンテレビ ゴルなび

  • サンテレビ ゴルなびとは
  • 関西ゴルフ場ランキング
  • 関西ゴルフ場プレー予約
  • 関西ゴルフ場一覧

初めてのゴルフ

どんなに上手なゴルファーにも始めてのコース経験があったのです。
あなたもゴルフ特有の爽快感と開放感を楽しんでください。さぁ、ナイス・ショット!

前日の準備

ゴルフはスポーツです。特に夏場のゴルフなどは体調管理に気を配り、早めに休むようにしましょう。

持ち物は前の日に準備しておくとよいでしょう。

ボストンバッグの中身

  • シャツ
    無難なところでポロシャツ。襟付きが基本です。ただし、ゴルフショップで売っているデザインはゴルフ場で問題ないものですから、おしゃれも楽しみたいものです。
  • 着替え
    夏場や雨の日は1枚余分に用意しましょう。また、ホールアウト後入浴する場合が多いので、下着などの着替えも必要です。
  • 防寒着
    トレーナーや薄着のセーターなど必要です。動きやすいサイズを選びましょう。フリース素材のベストなんかオススメです。
  • パンツ、スカート
    毎回洗濯をしますので、洗濯機OKの形状記憶繊維のものがオススメ。
  • 帽子
    日よけだけではなく、雨の時にも役立ちますので、必ず持って行きましょう。
  • タオル
    コースに持って出ましょう。ゴルフ場のトイレなどにあるハンドタオルは持ち出し厳禁です。

  • ゴルフシューズを忘れがちです。注意しましょう。

キャディバッグの中身

  • クラブ
    ドライバーからパターまで14本以内で。
  • ボール
    初心者はなくすことが多いので、多めに用意しましょう。ボールはロストボールやディスカウント品で十分です。
  • 小物
    ティーペグ、ボールマーカー、グリーンフォーク、グローブなども忘れずに。

さぁ、ゴルフ場へ

交通渋滞など思わぬことがあるかも。時間には余裕をもって出かけましょう。

ゴルフ場に到着すると、キャディさんがトランクからキャディバッグとボストンバッグを下ろしてくれます。日ごろトランクにいろいろ物を詰め込んでいる方は、事前に整理しておいた方がいいでしょう(笑)

シューズをキャディバッグに入れていると大変です。ボストンバッグに入れておきましょう。

チェックイン(受付)

クラブハウスに入ったら、まず受付カウンターでチェックインします。
カウンターには『メンバー』、『ビジター(またはゲスト)』の札がありますから、『ビジター』側で用紙に必要事項を記入します。提出すると引き換えにロッカーキーが渡されます。

ロッカールーム

コースに出るための最終準備。着替えや、ゴルフシューズに履き替えたりします。
当日の天候、気温に合わせた服装をチョイスしましょう。

貴重品は、貴重品ロッカーまたはゴルフ場のカウンターへ。貴重品管理は自己責任です。

スタート準備

スタートホールのティインググラウンドには遅くともスタート時間の10分前には到着していましょう。
スタート時間はあくまでも目安であり、当日の進行状況で前後する場合がありますので、練習場などに行く場合は、キャディマスター室で確認するとよいでしょう。

スタート前に必ず、準備体操をしましょう。ストレッチなどで十分に筋肉をほぐしましょう。

パッティングレンジ(パター練習グリーン)で、自分の距離感と当日のグリーンの状態を確かめておきましょう。

アウトスタートなら1番、インスタートなら10番のティインググラウンドへ向かいましょう。

いよいよスタート

ティインググラウンドに前の組がいる場合は、少し距離をおいて静かに待機しましょう。

くじ引きで打順を決めて、ティーショット。緊張して当たり前ですが、思い切りいきましょう。

コース上では

ルールは、上級者やキャディさんの指示に従うのがいいでしょう。
初心者はむしろエチケットやマナーをしっかり守りながら、ゴルフを楽しみましょう。

ポケットには必ず予備のボールを持っているようにしましょう。

セルフプレーでは、クラブを置き忘れることがあります。お互いに声を掛け合ったり、ティーショット待ちの間にチェックするとよいでしょう。特にグリーン周りでアプローチに使ったクラブを忘れるケースが多いようです。

ハーフターン

スループレーの場合を除き、前半9ホールで休憩、つまりランチタイムになります。

クラブハウスに入る前に、スパイクの砂をエアガンなどを使って落とすようにしましょう。
また雨の日で、レインウェアを着ていた場合は、乾燥室で乾かしておくのがいいでしょう。

ランチ時の飲酒は控えめに。

プレー終了(ホールアウト)

後半の9ホールを回ると、プレー終了になります。
最後は『お疲れ様でした』、『ありがとうございました』など挨拶で締めくくりましょう。

クラブハウスに入る前に、クラブを確認し、小物をキャディバックに戻しましょう。

お疲れ様でした

ホールアウト後は、みんなでお風呂というのが定番です。
ゆっくりお湯につかりながら、今日のプレーを振り返るのもゴルフの楽しみにひとつです。

カウンターで清算をして、帰ります。疲れていますので、車の運転の場合は気をつけましょう。

エチケット&マナー

ゴルフが他のスポーツと違う面のひとつに、ルールだけではなく、エチケットやマナーを重視するということがあげられます。あなたもグッドプレイヤーになるため参考にしてみてください。

プレーの前に

ゴルフ場にはゆとりをもって出かけましょう。最低でもスタート時間の40分前には到着して受付をするようにしましょう。特にコンペの時はひとりの遅刻がみんなに迷惑をかけます。集合時間を厳守しましょう。

ゴルフ場に入るときの服装は、基本的にはジャケット着用が好ましいです。
ジーンズ、サンダル履きなどの軽装はやめましょう。

キャディバッグには必ず名前(ネームタグ)をつけましょう。キャディさんがバッグを積む際に迷惑します。

プレー時の服装

基本的には襟つきのシャツを着用します。
Tシャツ、タンクトップ、ジーンズなどふさわしくない服装は厳禁です。

シャツをパンツの外に出して着るのは見苦しいのでやめましょう。

タオルを首に巻いたり、腰にぶらさげたりするのは絶対にやめましょう。

クラブハウス

クラブハウスに入る際は、スパイクの裏をきれいにしてから入るよう心がけましょう。

レストランなどで、大声で騒がしいおしゃべりはやめましょう。また携帯電話の使用も控えるようにしましょう。

レストランでは、帽子、雨具は取るのが常識です。

ティインググラウンド

素振りや柔軟体操は、ティインググラウンド以外で周囲の安全を確認の上、行いましょう。

前の組がボールの届く距離を出たのを確認して、ティーショットをしましょう。
キャディさんがいる場合には指示に従いましょう。

自分の打順が来るまで、ティアップをしてはいけません。
打順は、スタートホールはくじ引き、その先は前のホールのスコア上位から先に打ちます。
打順を間違えてもペナルティではありませんが、気をつけましょう。

プレイヤーがアドレスに入ったら、動かず静かに見守りましょう。
いいショットがでたら「ナイスショット」と声をかけましょう。

コース内で

ハーフ2時間を目安に迅速なプレーを心がけましょう。
前の組が見えなくなったり、後ろの組を待たせているような時は急ぎましょう。

打球が曲がってしまったら、プレーをスムーズにするため、クラブを2〜3本持ってボールを探しにいきましょう。
また、隣のホールに打ち込んだ場合は、そのホールのプレイヤーが打ち終わるのを待って、コース内に入りましょう。その際、「失礼します」打ち終わったら「ありがとうございました」と一声かけるのを忘れずに。

OBかセーフか判断が難しい場合は、暫定球を打って時間の節約をしましょう。

バンカーはバンカーレーキを使って、プレイヤー自身がきれいに直しましょう。
バンカーにはボールに近く、浅い場所から入り、入ったところから出ると、ならしの時間が短縮できます。

これからボールを打つプレイヤーのライン上に立ったり、前にでることはやめましょう。

グリーン上で

スパイクを引きずって歩いたり、走ったりジャンプしたりすることは絶対にやめましょう。

グリーン上にできたボールの落下跡は自分で直すようにしましょう。

プロのように、必要以上に時間をかけて、じっくりラインを読むのはやめましょう。
他のプレイヤーがアドレスに入ったら、動かずに静かにしましょう。
その際、パッティングライン上に影を落とさないよう、立つ位置に配慮しましょう。

ピンは、ホール(カップ)の中央に正しくさしておいてください。
また、フラッグがピンに巻きついていないか確認してから、グリーンを離れるようにしましょう。

プレーが終わったら速やかにグリーンを離れましょう。グリーン上でスコアをつけることは後続組の迷惑になります。

ルール

ゴルフは審判のいないスポーツです。プレイヤー自身が審判となり、公正な競技をしましょう。

アドバイスと周知の情報

ショットをする前に、同伴競技者に使用クラブを聞いたり教えたりするとアドバイスとなり、2打罰。
ただし、ハザードやピンの位置、ルールなどは周知の情報であり、ペナルティになりません。

ティーショット

ティーマーカーを結んだ直線上から、後方2クラブレングスの長方形がティーショットのできるエリアです。
その場合、ボールがエリア内であればスタンスが出ていてもペナルティではありません。
また、打順を間違えて打ったとしても、ペナルティにはならずそのままプレー続行になります。
(ただし、エチケットには反しますからご注意を!)

アドレスした時、ボールがティーから落ちてしまった場合、ペナルティなしで、再びティーアップしてOKです。
ただし、空振りして、ボールが落ちた場合はインプレーとなり、そのまま打たなければなりません。

使用できるクラブ

キャディバッグには14本までクラブを入れることができます。
また、同伴競技者のクラブを使用してショットした場合には2打罰になります。

OBとロストボール

ボールがOB区域の境界(白杭を結んだ線)を越えた場合、1打罰で打ち直しになります。
(例:ティーショットがOBの場合は第3打として打ち直し)
また、OBかどうか疑わしい場合、プレーの進行を考慮し、暫定球を打つことができます。
その場合、『暫定球を打ちます』と宣言すること。しないと打ち直しと見なされます。
打ったボールが5分探しても見つからない場合にはロストボールとして処理します。
その場合、元の位置から1打罰で打ち直しをします。

スルーザグリーン

プレー中のホールのティインググラウンドとグリーン、コース内のすべてのハザードを除いたのすべての場所を指します。

スルーザグリーンにおいて、打ったボールが同伴競技者の止まっているボールに当たった場合、無罰でそのままプレー続行。当てられたボールは元の位置にプレイスし、無罰でプレー続行です。
また、打ったボールをカラスなどがくわえて持ち去った場合、ボールがあったと思われる場所にドロップし、無罰でプレー続行です。

誤球

同伴競技者のボールを間違えて打ってしまった場合、誤球となり、2打罰で自分の球を打ち直します。
打たれた方は、ボールを元の位置に戻し、無罰でプレー続行となります。
誤球に気づかず、双方ともに打ってしまった場合はそれぞれにペナルティがつきます。

障害物の救済

打ったボールが、樹木の添え木のそば、道路、通路などに止まり、スイングできない場合、動かせない障害物の救済を受けることができます。
この場合、ピンに近づかず、スイングできる最も近い地点から1クラブレングス以内に無罰でドロップできます。

アンプレアブルの処置

ボールが木の根元などにあり、打つことができない場合、アンプレアブルを宣言できます。
その処置は、1打罰となり次の方法でプレーを続けます。

  • 打ち直し
  • ボールのあった場所からピンに近づかない2クラブレングス以内にドロップ
  • ボールとピンを結んだ後方線上にドロップ。

カジュアルウォーターの処置

ボールが水たまり(カジュアルウォーター)に止まった場合、ピンに近づかず水たまりを避けた場所で、ボールの止まった位置から最も近い地点から1クラブレングス以内にドロップできます。
また、グリーン上の場合、水たまりがパットライン上ならば救済されます。この場合、ホールに近づかず、水たまりを避けられる最も近い地点にプレイスします。

ルースインペディメント

ルースインペディメントとは、自然のもので、石、木の葉や枝、動物の糞などを指します。
ただし、固定されているもの、生長しているもの、地面に固くくい込んでいるものなどは除きます。
スルーザグリーンでボールの近くにあるルースインペディメントを取り除くことはできますが、その時、ボールが動いた場合は1打罰で元の位置にリプレイスします。

ハザード

バンカーとウォーターハザード、ラテラルウォーターハザードを指します。
ハザード内では、クラブを地面(または水面)につけると2打罰となります。
また、ハザード内にあるルースインペディメントを取り除くと2打罰になります。
(自分のボールを確認する場合を除く)

バンカー

バンカーで同伴競技者のボールを間違って打ってもペナルティはありません。ボールを元の状態に戻し、プレーを続行します。
また、同伴競技者のバンカーショットによって、自分のボールが砂に埋まってしまった場合、無罰で元の状態に復元することができます。

ウォーターハザードの処置

ボールが黄杭で囲まれた池(ウォーターハザード)に入った場合、次のいずれかの処置をとります。

  • そのまま打つ(水面や水のない場合は地面にクラブが触れると2打罰)
  • 1打罰で境界を最後に横切った地点とピンを結んだ後方延長線上にドロップする。
  • 1打罰で、元の位置から打ち直し

ラテラルウォーターハザードの処置

ボールが赤杭で囲まれた池(ラテラルウォーターハザード)に入った場合、次のいずれかの処置をとります。

  • そのまま打つ(水面や水のない場合は地面にクラブが触れると2打罰)
  • 1打罰で境界を最後に横切った地点からピンに近づかない2クラブレングス以内にドロップする。
  • 1打罰で、元の位置から打ち直し

スイング区域とライの改善

ショットするとき、スイングの邪魔になる木の枝を折ったりすると、スイング区域の改善となり2打罰。
また、邪魔だからといって、踏んでアドレスした場合も同様。
ボールの後ろの芝を踏みつけたり、スタンスをとるために芝を掘ったりした場合、ライの改善となり2打罰。

グリーン

自分がパッティングしたボールが同伴競技者のボールに当たった場合、2打罰でそのままプレー続行。当てられた方は、ペナルティなしで元の位置に戻してプレー。ただし、グリーン外からのボールが、グリーン上のボールに当たった場合は、双方無罰。当てた方はそのままプレー、当てられた方は、元の位置に戻す。

グリーン上では、ボールの落下跡(ピッチマーク)と旧ホールの跡以外の傷を直すことはできません。
スパイクで引っ掻いたような跡を直すと、2打罰になります。また、ライン上の芝を抜いたり、カジュアルウォーターをタオルなどで拭くことも2打罰になります。

Copyright © SunTV Golnavi All Rights Reserved.